車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に約10000キロと見積もるのが一般的です。総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は値段がつかないこともあります。 Continue reading "車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の"

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、もちろん、愛車の状態にもよりますが、車査定の方が高い価格で買い取ってくれる可能性があります。

 

 

 

というのも、ディーラーによる下取りは標準査定価格に基づいた計算がされますし、新車の値引きを含んだものが見せられることも多いため、交渉が難しくなり、車本体の価値が曖昧になってしまいます。 Continue reading "車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー"

総走行距離が10万kmを超えてしまっ

総走行距離が10万kmを超えてしまっ

総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、査定サイトなどを使って売ろうとしても値段がつけられないなどというケースも多いです。

 

リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。 Continue reading "総走行距離が10万kmを超えてしまっ"

中古車の売却を考えたならば、最初にした方

中古車の売却を考えたならば、最初にした方

中古車の売却を考えたならば、最初にした方が良いことといったら、その車の現時点での相場の概算を知っておくことですね。相場が判明していれば異様に安く買い取りされる危険性をグッと低下させることができますし、事前に調べた相場よりも高値で取り引きしようとしてくれる業者に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。 Continue reading "中古車の売却を考えたならば、最初にした方"

中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、稀にしか

中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、稀にしか

中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、稀にしか見られない事でしょうが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

 

 

例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車の即時明け渡しを半ば強制されて、車の引き取りを行ってからお金を渡さずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。 Continue reading "中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、稀にしか"

海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取

海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取

海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、実績値のメタデータも少なく、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。 Continue reading "海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取"